道議会議員大崎誠子
[トップ] [プロフィール] [あなたと一緒に] [活動報告] [道議会報告] [もっと!東区!]
お気に入り


札幌市無形文化財
丘珠獅子舞

札幌市東区丘珠町183番地
【写真】丘珠獅子舞とお囃子
2003年9月15日丘珠獅子舞

丘珠獅子舞が初めて舞われたのは明治25年ですから、以来111年舞い続けてきました。その間には、昭和49年に札幌市の無形文化財第1号として指定されました。開拓者の精神的なよりどころであった獅子舞は、長い歴史の中で当時の姿そのままに伝承されています。その歴史的意義が高いことから、次の世代へ正確に引き継ぐことが重要とされたためです。

丘珠獅子舞の源流となる富山県下の獅子舞は、時代と共に衣装・踊り方・呼称までも変わってきているそうで、丘珠獅子舞は札幌だけではなく、富山県の獅子舞の一つ「百足獅子」の型を忠実に伝承している貴重な獅子舞だそうです。

獅子に頭を噛んでもらうと、長生きできる・病気を除く・1年健康でいられる。縁起が良い・頭が良くなる・元気な子に育つ・子供の悪い虫がいなくなる等々様々な言われ方がありますが、皆さんは何を願うでしょうか。

私は函館で生まれ幼い頃はずっと函館で育ちました。函館には獅子舞が無く、実は獅子に頭を噛んでもらった事が無かったんです。今度の例大祭の時、噛んでいただけるでしょうか。

【写真】丘珠獅子舞と獅子取り
獅子取りも元気・勇気・魂入ってます


【写真】般若
露払いとして般若と天狗!
ちょっと怖い!

【写真】丘珠獅子舞
全長8メートル、胴幕の中に7人が入っています。

戻る
COPYRIGHTS Seiko Osaki all rights reserved